他人を救うことは自分自身を救うこと

謙虚な気持ちと感謝の念を抱きつつ他者に手を差し伸べる

善意とは
行為者自身の心を
満足させるためのものなのに
「良かれと思ってやった」と言えば
免罪されると信じている人が多すぎる。

善意を受ける相手ではなく
自分自身の価値観に
沿っているだけなのに。


「何かをしてあげたい」と
思う気持ちのほとんどは
自己満足から来ている。

それを深く理解できた人だけが
他人を救うことが自分自身を救うこと
であることを理解でき
謙虚な気持ちと感謝の念を抱きつつ
他者に手を差し伸べることができるようになる。