ハシゴを登るな、らせん階段を使え

対極まで行って自分の居た場所を正面から眺めてみる

気ばかり焦って、まっすぐ上にハシゴを登っていこうとするからダメなんだ。

円を描くように一度対極まで行って、自分の居た場所をじっくりと正面から眺めた後に戻ってきてごらん。

同じところに戻ってきたような気がするかもしれないが、実は一段階、上に登っているはずだ。

それが、らせん階段であるならば。