「おちゃらけ」というキャラで他人を茶化して逃げ回っていると

窮地に陥った時にブーメランが戻ってくる

「おちゃらけ」というラベルを自分自身に貼っておいて、いつでも逃げられる態勢で他人を批判したり揶揄したりする人がいる。

謝罪や撤回すべき場面ですら、「ふざけただけじゃん」とか「ネタじゃん、マジレスきもーい」とか言って、斜め上から逆ギレして誤魔化す。

普段、真剣な場ですら他人を茶化して責任を回避し、義務から逃げ回っている人間が、自分自身が窮地に陥った時だけ、真剣な表情で助けを求めたとしても、誰が耳を貸してくれるだろうか。

「ほら、いつものように茶化してふざけて見せろよ」と言われるだけだろう。


自分が投げたブーメランは、正確に自分の頭上に戻ってくる。