他人を見下す方がカッコいいという価値観は自爆テロのようなもの

機嫌悪く振る舞い続けているうちに人間の尊厳が破壊されてゆく

無気力や無関心を気取って他人を見下す方がカッコいいという価値観は、自爆テロのようなもの。自分自身の尊厳を徹底的に破壊すると同時に、周囲をその惨劇の道づれにする。

他人を見下して機嫌悪く振る舞うことがカッコいいと思い込んでいるうちに、眉間の皺やほうれい線、への字に歪んだ口元が、表情ではなく地顔になってゆく。

そうやって斜に構えて拗ねていれば、たしかに悪意は受け流しやすいだろうが、同時に好意をも受け流してしまうはめになることには早めに気づいておいた方が良い。