ブラック企業で勝ち続け生き残ってゆくことは罰ゲームなのかもしれない

目的のためならば、どれだけ卑劣になることができるかを競い合ってゆく組織

http://blackcorpaward.blogspot.jp/p/blog-page.html

【ブラック企業を見極める指標】
●長時間労働
●セクハラ・パワハラ
●いじめ
●長時間過密労働
●低賃金
●コンプライアンス違反
●育休・産休などの制度の不備
●労組への敵対度
●派遣差別
●派遣依存度
●残業代未払い(求人票でウソ)

ブラック企業が本当にブラックで、例えば数字を上げるためならば人間の尊厳すらかなぐり捨てることのできるような卑劣な奴しか勝ち残ってゆけない組織ならば、そこで勝ち続けて生き残ってゆくこと自体がある種の罰ゲームなのかもしれぬ。

卑劣な奴らの中でも、さらに選び抜かれた最も卑劣な連中に囲まれて、目的のためならばどれくらい人間性を捨ててでも卑劣なことができるかを競い合いながら、生きてゆかなければならないのだから。