転がり落ち始めるとどんどん加速してゆくのはなぜか

手遅れになってから始めることは、たいていの場合、下り坂での加速行為となり、自分の首を絞める力を強める結果となってしまう。

手遅れになるまでは腰が重くて何事にも着手しないのに、いざ下り坂に差し掛かった途端に誰しもが腰が軽くなって、転落の後押しをすることになるというのが悲しい。