「我が意を得たり」よりも大事なこと

「目から鱗が落ちる」機会を与えてくれる人を遠ざけていないか

人は自分自身が漠然とそうではないかとぼんやり思っていたことを、整理して理路整然と明確に言い切ってくれる人の言説をありがたく思うようだ。

「我が意を得たり」というやつだろう。

経営者がコンサルタントや師と仰いでいる人の話をありがたがるのはそれゆえだ。

自分が思ってもみなかったことを指摘してハッとさせてくれるような人の話もより一層大事なのだが、第一印象でアレルギー反応を起こして遠ざけてしまうことが多い。

「目から鱗が落ちる」機会をみすみす失ってしまうことになる。

なんとももったいない話だ。