黄門様がつねに善人であるとは限らないんだぜ

超法規的な蛮勇をふるう権力者を待望している人たちに言いたいこと

強いリーダーに武力や暴力による問題解決を求める人たちは、彼の野蛮な力の矛先が自分たちに向けられる未来図を想像だにしていない。

水戸黄門は勧善懲悪の物語だろうか

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%88%B8%E9%BB%84%E9%96%80_%28%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF_%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%BC%29

水戸黄門のストーリーは、一般に「勧善懲悪」と言われているが、そんなに美しくもなければ、それほど単純でもない。

士農工商の身分制度で下層に位置している農民や町人に対して、政治面での支配階級である家老や代官などの武士と、彼らから「お主もワルよのう」と評されている経済面での支配階級である大商人が結託して、ルールを逸脱した搾取や横領などの「悪事」を行なっている。これがお決まりの設定である。

そこに、同じ支配階級の中で彼らより上に位置する、徳川幕府の御三家である水戸のご老公が、旅の途中に偶然立ち寄る。そこで、社会的弱者である農民や町人の怨嗟の声を耳にした黄門様御一行は、悪代官を始めとする「悪党ども」の悪事を糾して風のように立ち去って行くという話の流れである。

葵の御紋の入った印籠にひれ伏すのはなぜか

物語の終盤に決まって、お供の助さんが徳川の葵の御紋が入った印籠を高々とかざすと、それまで暴れまくっていた悪代官や越後屋たちが手のひらを返したように土下座に直ってかしこまる場面がある。結局は、支配階層内の序列に従って、上は中を叩き、中は下を叩き、そして下は自分たちよりもさらに下の社会階層を叩くという食物連鎖のような構造に過ぎない。

封建制度という差別的な社会における支配階級の中での懲罰行動ということになるのだろう。社会的にも政治的にも無力に近い農民や町人はそっちのけで、統治機構内の中堅管理者をより上位の幹部が懲戒処分していると言った程度の話だ。

勧善懲悪というよりは監査や監察の類に過ぎない

勧善懲悪というよりは、日銀や財務省の立ち入り検査に脅えるメガバンクの物語と大して変わりはない。あるいは警察内の不祥事を暴く「監察」が動くと、身に覚えのある警察幹部がビクビクするのと似たようなものだ。

あるいは、難をつけてきたチンピラを懲らしめてもらうために、にらみのききそうな顔役のヤクザに頼みに行くのと同じようなものと言ったら言い過ぎだろうか。

悪を以って悪を制するのと変わらない

ところで、水戸黄門に救いを求める農民や町人たちは、もしも黄門様が悪代官を超えるワルだった場合にはどうするのだろうか。まさか、暴れん坊将軍のお出ましを待つわけにもいくまい。黄門様の晩年において、徳川吉宗は将軍どころか紀州藩主にすらなれそうにない十代のハナタレ四男坊だったから、時代考証的にも無理がある。

「権力を以って権力を糾す」というのは、「悪を以って悪を制する」のと大して変わりはない。ましてや、封建時代の身分制度に立脚した幕藩体制である。被支配層である農民や町人が、支配層の中の人間の悪行を糾すのに、黄門様のような権力者が偶然訪れるのを待つしかないというのも哀れな話だ。

トランプ大統領に蛮勇を求める人たち

話は変わるが、米国の一部の人たちは、どうもトランプ大統領に既存の権威や権力を「懲らしめる」ハンマーのような役割を期待しているように思える。たとえ野蛮であっても、豪快に腕力を奮って制裁を加えてくれることをである。

そして、そうすれば「古き良きアメリカ」に戻ることができるのだと信じているようにも見えるし、たとえ戻れなくとも「弁の立つ高慢ちきなエリートどもが粉々に砕け散る」のを観ることができるのであれば少なくとも気分がスッとするという感じのようにも見える。

憲法や法の支配からの逸脱も大目に見るという風潮

そのためなら、憲法や法の支配という原則を逸脱することも大目に見ようではないかという雰囲気さえ感じられる。トランプ大統領に葵の御紋が入った印籠を渡して、これで悪い奴らどもを超法規的な手段を使っても良いから懲らしめてやってくれというかのようだ。

「毒を以て毒を制する」つもりでいるのかもしれないが、その猛毒ガスが自分たちのところに向かって広がってくる未来については考えていないのだろうか。

黄門様はつねに善人とは限らない

わが国においても、社会の閉塞感を打破するために、黄門様の印籠を誰かが掲げて蛮勇をふるってもらえないだろうかという期待感が広まりつつあるようにも思える。そのためなら、一時的に憲法や三権分立などのルールを超越しても構わないという意見すら目にすることもある。

勧善懲悪のために超法規的な断罪を繰り返す水戸黄門に喝采を送り続けている人たちに言いたい。

印籠を手にしている人がつねに善人であるとは限らないんだぜ。