過去については何もかもすべて許そう

できることは、現在に向き合い、未来を変えてゆくことだけ

許せ、何もかも。しかし、譲るな、お前の魂だけは。

それが過去のことならば、己自身だけでなく、他の人びとの過ちや誤りに関しても、綺麗さっぱり水に流して、許し許されてしまいたい。

ただし、そのような過ちや誤りが今後は起こらなくて済むように、己自身と他の人びとの「今」に対しては真正面から向き合ってゆかねばならないとは思う。

過去については、何もかも許す。

しかし、己の信ずる価値観と原則に従ってきっぱりとした態度を保ちながら、それを「現在」の行動で示すことによって、「過去」ではなく「未来」を変えてゆきたい。