「のっぺらぼう」や「なりすまし」として生きてゆくということ

自分自身の選択基準や価値判断を持っていないとどうなるのか

「無難だから」「みんなと同じだから」という理由で物事を選び続けてゆく人は、のっぺらぼうの人生を歩んで行くことになる。

「自慢できるから」「みんながうらやましがるから」という理由で物事を選び続けてゆく人は、なりすましの人生を歩んでしまうことになる。

人生とは大小の選択が紡いでゆく連続体でもある。そこにあなた自身の選択基準や価値判断がなかったとしたならば、あなたの人生そのものがなかったことになってしまいかねない。