About

当ブログの編集方針

ゼミの卒業生を読者に想定。彼ら彼女たちを対象とした広報誌にコラムを書くようなイメージで執筆しています。

昔の教え子たちの顔を思い浮かべながら書くゆえ、どうしても説教臭くなりがちです。ご容赦のほど。

教員紹介


森田正隆
明治学院大学経済学部経営学科教授

【学歴】
1987年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
1998年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了
2001年 慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程単位取得終了
2004年 博士(経営学)/慶應義塾大学

【研究職歴】
<常勤>
2001年 立正大学経営学部専任講師
2003年 同助教授
2005年 明治学院大学経済学部助教授
2007年 同准教授(職名変更)
2013年 同教授
<非常勤>
2004年〜2010年 早稲田大学大学院商学研究科非常勤講師
2004年〜 早稲田大学IT戦略研究所客員研究員
2011年4月〜2012年3月 米国エモリー大学ゴイズエタビジネススクール訪問研究員

【専攻・研究分野】

  • 経営情報システム/マーケティング情報システム/コミュニケーション
  • 情報化時代の購買行動とそれに対応した流通システムについての事例分析や国際比較調査、ネット・コミュニティの分析、デジタル・メディアを活用したコミュニケーション戦略などについての調査研究を進めている。
  • 「ともに生きる社会の経営学」をテーマに掲げ、「ビジネスと社会貢献の両立」や「多様な価値観を持った多様な主体からなる社会や組織のマネジメント」についても研究や教育を行なっている。

【主な担当科目】

  • 市場システム、マーケティング・コミュニケーション、演習(ゼミナール)
  • 「ともに生きる社会の経営学」をテーマとする下記2つの授業も担当している。
  1. 経営学特講(経営者の視点:社会貢献とビジネスの両立)
    ※城南信用金庫連携講座
    • 授業概要
      • 毎回異なる経営者をゲストスピーカーにお招きし、ご自身の経験や体験に基づき、社会貢献の捉え方や必要性について「事業や経営との両立および相乗効果」の視点で講演してもらう。授業後半では、担当教員や履修者が加わって、質疑応答や議論をおこなう。
      • 経営者が経験を通じて辿り着いた「理念や哲学」を聞き、経営の面白さや怖さ、そしてやりがいなどについて議論を通じて実践的に学ぶ。
    • 学習目標
      • これまで学んできた経営学の理論や枠組みが実際の経営にどのように当てはまるのかを総合的に考え、知識を現実と対応づける。
      • 社会貢献が単なるコストではなく、経営の中核であることを理解する。
      • 社会や市場の中で企業の経営者たちが実際にどのようなことを考えて企業経営をおこなっているのかを知る。
  2. 経営学特講(世界市民としての視点:人道、人権、多様な価値の受容)
    ※赤十字パートナーシップ講座
    • 授業概要
      • 毎回、人道・人権・福祉・ボランティア活動に携わっている方をゲストスピーカーにお招きし、ご自身の経験や体験に基づき、活動の拠り所となる人道的価値観とボランティア精神について、お話しいただく。
      • 履修者は、担当教員も交えた議論を通じて、明治学院大学が目指す人道的価値観、ボランティア精神に基づく世界市民としての視点について実践的に学ぶ。
    • 学習目標
      • これまでに学んできた経営学の理論や枠組みをどのように社会に活かして行くべきかを総合的に考え、知識と現実とを対応づける。
      • 人道・人権・多様な価値の受容といったことが、これからの時代を生きる世界市民として不可欠であることを理解する。

2017年1月1日
森田正隆(明治学院大学経済学部経営学科教授)